受診

夏になっても状態は改善しなかったため、地元の総合病院(内科)を受診した。
外科や神経内科の検査も行ったが、結果は ”異常なし” だった。 

その後、今年の5月迄、体調は小康状態が続いていたが、6月に入り急変した。
朝起きてしばらくは足に力が入り辛くなった。階段などは手すりにつかまらないと怖くて降りられない。
それ以降、日毎に少しずつ状態が悪化するのを感じていた。

7月末、かなり歩行し辛くなったため、大学病院の神経内科を受診した。ここでも色々な検査をしたが、結果は全て異常なし。でも、体には異常はある。

この頃ALSなのではないかと疑い始めた。かなり進行しないと診断がつかないのではないか。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-21 08:02
<< 榊原へ 異常を感じ始めた頃 >>