<   2014年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

11月20日 28日目

午前中、部屋にいる時、胸が痛くなった。ひたすらお祈りしていると徐々に治まってくる。

奇しくも、夜の先生のお話の時間にお祈りについて伺った。

『痛い時、苦しい時は必死こいて祈る。魔は祈られたら出ていかなければならないので、祈らせないようにしてくる。必死こいて祈ったらエエ。』

との事。

改めてお祈りの大切さを実感できた。

[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-30 16:49

11月19日 27日目

ここは山に囲まれ、緑豊かで空気が清々しい。
山の木々を眺めているだけでゆったりとした気持ちになれる。

今日、昼過ぎに向かいの山から裏山へサルの集団が大移動していった。子ザルもいた。後で聞くと50匹位いたとのこと。
野生のサルを見たのは初めてで、なんだか嬉しくなった。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-28 17:56

11月18日 26日目

先生からとても大切なことを伺った。

『不安になるのは、中の魔がそうさせている。
不安のエネルギーを吸い取って自分のエネルギーにするため。とにかく不安にならないこと。』

なるほどと思う。今の自分に最も大切なことだ。
不安になるような考えに気付いたら、すぐに心を切り換えるようにしよう。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-24 17:45

11月17日 25日目

治療の後、先生からご助言をいただく。

『何かいつもくちゅくちゅ考えとるんやなあ。何も考えんように、いつも心の中で祈っといて。』

体調が良くなってくると、ついつい帰ってからのことを考えてしまう。

楽しいことならまだしも、たいていは心配ごとだ。いつも祈っているように心がけよう。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-24 17:39

11月16日 24日目

教会でのお祈りの時間には、先生が頭に手を置き神様の光を入れてくださる。
光を入れていただくと何となく気持ち良くなる。今日はいつもよりハッキリと気持ちが良い。
目をつむったままお祈りをするのが心地良い。
その後体操をしに運動場へ行くが心持ちが清々しい。目に映る木々や空がとても美しく感じられる。
初めての感覚。
ずっと味わっていたくなった。

[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-24 07:30

11月15日 23日目

朝起きてすぐは足がややもたついていたが、ここのところ大分良くなってきている。
立ったまま壁に寄りかからず靴下もはけるようになった。

朝の運動に向かう際、3階から1階まで階段で降りてみる。手すりにつかまらなくても危なげなく降りられる。

ついこの間まで出来なかったことが、また出来るようになっている。
回復していることを実感し嬉しくなる。

昼食のとき近くで食べてる人の音が耳についた。少しイラっとしてしまった。いけないと思い他のことに意識を向ける。部屋に戻りお祈りしながら神様に謝る。その人にも謝る。
まさに自己中心的な意識だった。ひたすら謝った。まだまだ自分の心は何も変わってないと思い知る。日常に戻ったらもっと色々なことがあるのだ。いつも心の中でお祈りをし、神様の方を向いていられるようになりたいと思う。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-24 07:22

11月14日 22日目

体調は日に日に回復している。もう日常生活には支障ないと思えるようになったきた。

すると今度は帰ってからのことが気になりだす。全ては取り越し苦労と、その度に思い直す。今は治ったことを素直に喜んでいよう。

こうしていられることが ”感謝” なのだから。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-24 07:07

11月13日 21日目

今朝は家内と子供の夢で目が覚めた。
私もそこにいた。皆、嬉しそうに笑っている。目が覚めて嬉しくなった。

庭仕事のお手伝いをしているとき、先生がいらっしゃり
『土いじりはとてもいいんよ』
と声をかけてくださる。魔が出やすくなるらしい。

鉢植をいくつも移動する。汗ばんで来る。
思えばここに来る直前は、ちょっと重い物を持つだけで全身の倦怠感がひどく、しばらく動けない程だった。

回復していることを実感し嬉しくなった。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-23 12:03

11月12日 20日目

思えば20代の頃、腰を痛めたことをきっかけに、体のことを治すには?から始まり、なぜ人は生きるのか?あるいは、この世の仕組みは?希求した時期があった。結婚し子供ができ、また、仕事が忙しくなるにつれ、そういった事を忘れていった。

今、こちらに来て、正にそれを教わっている。
魔というものが、これ程人間に関わっているとはどこにも書かれていなかった。愕然とした。
悪心が磁石のように魔を引き付ける。
喜びと感謝から魔は逃げ出す。

心のあり方がいかに大事なことなのかが良く分かる。

[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-23 11:51

11月11日 19日目

ここのところ、連日、両足の膝から下を入念に治療していただいている。
治療は叩くことは少なく、手を当てている時間が長い。
時折、先生が苦しそうにされる。
患者と同じ痛みを感じたり、また、出た魔から攻撃されたりもあるらしい。

先生が苦しそうにされる度、申し訳なく思う。
治療後は、頭がスカッとする。
足取りも軽い。嬉しくなる。



[PR]
by a-n-kanchi | 2014-11-23 11:39